Financial Asset Management

資産運用の手段

不動産も運用手段に加えよう

資産運用にはいろいろな方法があります。外貨や株式、商品先物、貴金属などあらゆる資産に投資をしておくことで、どのような経済環境でも安定した収益を生むことができる形に近づけることができます。もし、すでに資産運用である程度の財産を築いているのであれば、不動産投資も始めてみる良いです。不動産は他の資産と異なり、20年、25年といった長期のローンを組んで投資をすることができます。長期資金を取り込んで資産運用をすることができれば、長期間にわたってレバレッジを効かせた運用をすることがが可能となり、運用効率は格段に上がります。総資産を一気に増やしていくことも可能となり、不動産投資であがった収益を他の資産に振り替えてリスク分散をすることもできます。

工夫をして家賃を増やそう

長い期間にわたって安定収入を見込むことができることから、不動産投資は今ではかなり幅広い層に人気となってきています。また、景気回復の期待感から、不動産価格の先行きは明るいとみて、不動産を積極的に購入している人もいます。不動産の中でも土地は劣化するものではありませんから、安心して保有していられることが人気の要因ということができます。株式とは異なり、無価値になるということはありません。また、不動産投資は自分の意思を反映できるというのも大きな理由です。1棟アパートなどのオーナーになれば自分の好きなようにリフォームをしたり、増築をしたりすることができます。自分の工夫次第で収入を増やすことができる投資手段なのです。